最近PCの買い替えが激しいので過去PCのスペックを晒していく(メモ的なやつ)

こんばんわ。管理人の亜矢斗です。

ふと最近思ったことがあります。

VRを始めてからPCの拡張・買い替え頻度が激しいことに。

※今週中に、また新スペックPCになる予定です。

そこで、自分が今まで使ってきたPCのスペック及び使用歴をざっくり紹介します。

※2010年以降に限ります(それより前は覚えてないのでw)

  • 2010年~2015年(FRONTIER FRM907/23A)
購入時スペック 拡張後スペック
CPU Core i7-860 Core i7-860
M/B H55 不明 H55 不明
メモリ DDR3-6GB(3GBx2枚) DDR4-16GB(8GBx4枚)
GPU GTS250 GTX660

このパソコンは某家電量販店のBTOパソコンです。

第一世代のi7シリーズを搭載していたのが特徴ですww

メモリは2010年製のPCとしては珍しい初期から8GB搭載。

GPUもGTS250と当時の主流ゲームをやるには困らない性能でした。

その後、メモリを16GBに増設

GPUもGTS250では性能不足になり2013年頃にGTX660に換装しました。

長く使ってきたこのPCも寿命のせいか2015年頃に、突如お亡くなりになりました。

  • 2016年夏~2019年春(自作PC)
購入時スペック 拡張後スペック
CPU Core i5-4690 Core i5-4690
M/B H97-PLUS H97-PLUS
メモリ DDR3-16GB(4GBx4枚) DDR3-16GB(4GBx4枚)
GPU GTX660 GTX1060-6GB

デスクトップPCが家になくノートPCでやり過ごしてた時期が1年近く続いてたが、流石に新しいデスクトップPCが欲しくなって自作PCに挑戦しました。

CPU、マザーボード、電源、ケース以外のパーツ類は前のPCから流用した為、8万円ぐらいで作ったと思います。

最初はマインクラフトやSteamゲームをする目的だったので、スペックはそこまで求めていませんでしたが、2018年にスペックを大幅に上げる転機が訪れます。

2018年のとある春、ドワンゴから発表されたバーチャルキャストを知りVRに興味を持ち始めました。(当時のこのPCではVRはかなりきついという結果に至りました。)

2018年7月、GPUをVRReadyである1060-6GBに換装しました。

  • 2019年春~2019年夏(自作PC)
購入時スペック 拡張後スペック
CPU Core i5-8400 Core i5-8400
M/B Z390-PRO Z390-PRO
メモリ DDR4-16GB(8GBx2枚) DDR4-32GB(8GBx4枚)
GPU GTX1060-6GB GTX1660Ti

こちらが、記事を書いてる当時使ってるPCとなります。

VRをある程度快適にするため、全てにおいてVRReadyを満たしていますが、快適にやるにはまだ遠かったようです。

CPUはi5-8400で第4世代のi5の4コアから6コアに増え性能が1.5倍になったようです。

マザーボードは将来、i7-9700K、i9-9900Kを載せることを考え、Z370-PROにしましたが無意味になりましたw

メモリは安かったので勢いで32GBに増設しています。

GPUを2019年5月にGTX1660Tiに換装しています。

このPCも今週で引退予定となります(半年しか使ってませんが)

  • 2019年夏~(自作PC)
購入時スペック
CPU Ryzen 5 3600
M/B X570 Steel Legend
メモリ DDR4-32GB(8GBx4枚)
GPU GTX1660Ti

今週のどこかでこのPCになる予定です。

今までIntelCPUを使ってましたが、初めてのAMDCPUです。

では。